おっぱい学園マーチングバンド部! ~発情ハメ撮り活動日誌~

主人公はとある学園に通っている、ごく普通の男子学生。
唯一の趣味はカメラでいろんな写真を撮ることなのだが、
たまたま風景を撮影していた時に、
学園でも人気のあるマーチングバンド部の練習風景をファインダーに納める。
マーチングバンド部の見事な隊列と、
一生懸命で凛々しい女の子たちに見惚れつつシャッターを切る主人公。
しかし、それに気付いた部の取り巻きたちに「いやらしい写真を隠し撮りしていた」
と糾弾され、もみ合いとなった結果、大事なカメラが壊れてしまった!

帰り道。
壊れたカメラを首からぶら下げとぼとぼと歩いている主人公に、
繁華街で客引きをしてそうなバニーガールのお姉さんが声を掛けてくる。

「ふふふ……少年ー。 すっごいカメラ、ほしくなーいー?」

突然の申し出に戸惑う主人公だが、
バニーガールのお姉さんはムリヤリ押しつけるようにカメラを渡してくる。
結局、主人公はそのカメラを家に持ち帰ることになるのだった。


次の日。
カメラを壊してしまった件で、
マーチングバンド部の顧問教師から謝罪したいと言われ、
主人公は1日だけ部活動の写真を撮らせてもらえることになった。
しかし自分のカメラは壊れてしまったので、
仕方なく謎のバニーさんから渡されたカメラで写真を撮ることに。

(あれ……なんか、頬が上気してきて、汗が増えたような……?)

写真を撮られるたび頬を上気させ、
まるで発情しているような様子のマーチングバンド部の女の子たち。
緊張しているだけかと思ったが、どうもおかしいと思いカメラを調べると、
メモが挟まっていた。

『このカメラで女の子を撮ると、その子は発情してエッチになるの。
 使い方はキミ次第!』


メモの内容に驚きつつも、
目の前の事態を見てそれが嘘ではないと突きつけられる主人公。
さらにマーチングバンド部の女の子からは、
主人公に写真を撮られると気持ちよく演技出来る、
演技に艶が出るといった意見が上がり、
それを真に受けた顧問の美奈穂から専属カメラマンの申し出が……

こうして始まる、カメラマンの主人公とマーチングバンド部の女の子たちとで
繰り広げられるエッチでドタバタの日々!
はたして、謎のバニーガールさんの正体は?
そして発情カメラでエッチになる女の子たちを前に、
主人公の理性はどこまで保たれるのだろうか!続きを読む